現代版の火打石 プロフォース ファイヤースターター

自給自足チャレンジや野生の鹿の解体など、アウトドア系の動画を見ていたら、ファイヤースターター(マグネシウムスターター)というものが紹介されていて欲しくなりました。

image

アウトドアの趣味はないのですが、単にインフラを回避し普段使っている社会システムから離れることへの好奇心、それと、いつ何が起きても大丈夫なように、災害対策。

わたしはタバコを吸わないので火の備えはないのですが、タバコを吸われる方はライターにプラスしてティッシュがあれば良い火口になるでしょう。

ファイヤースターターとは、簡単に言ってしまうと現代版の火打石です。メタルマッチ。

火打石は、石と石をぶつけて火花を出しますが、このファイヤースターターは付属のステンレスブレードを本体の側面に付いている黒い丸棒に素早くこすることで火花が出ます。摩擦熱です。

ステンレスブレード

image

マグネシウム上部の黒い丸棒(これにブレードを強く素早く擦りつけます)

image

しかしながら、初めてだったので要領が悪くなかなか火花が出ない。商品パッケージの裏面に説明書がありますが、英語のため読みませんでした。写真もありますが解像度が荒くて参考にならない。

なかなか火花が出ずイライラがつのってきたところで、親指の付け根をマグネシウム合金に強打し、皮が擦り剥け血が滲む。

悪戦苦闘のすえ、無事に火花が出るようになりましたが、アウトドア初心者は苦労するかもしれません。

黒い丸棒の黒い部分はどうも保護のためのコーティングのようで、何回かブレードでこすると剥がれます。初めて使うときは注意が必要です。

火花が出る要領がつかめたら、本体のマグネシウム合金を付属のブレードまたはナイフの背をもちいて粉状に削ぎ落とします。

削ぎ落としたマグネシウムの粉はティッシュや細かい枯葉、ほぐした麻紐など燃えやすいものに乗せます。

あとは、マグネシウムの粉に狙いを定めて火花を出せばOKです。

くれぐれも屋外でやって下さい。わたしは部屋の中で試しましたが、ティッシュが勢い良く燃えてかなり焦りました。