【閲覧注意】世界最大の頭部をもつ「水頭症」の赤ちゃん(インド)

水頭症

少年の名はMr​​ityunjay Das。

カマレシュ・ダスとカビタとの間に出来た子で、インドのナンガガース州ランパールという土地で生まれた。

Mr​​ityunjay Das君は、生まれつき水頭症を患い世界最大の頭部をもっていた。そのため、生後7ヵ月で手術を受けた。

治療期間は6週間にもおよび、頭蓋骨内から3.7リットルもの脳髄液を除去し、頭の大きさは96センチもあったが70センチに縮まった。

水頭症とは、髄液が頭蓋腔内に貯まり脳室が正常より大きくなる、乳幼児に多くみられる病気だ。手術は無事に成功したようである。

水頭症

水頭症の巨大な頭部をもつMrityunjay Das君

インド、オリッサ州ブワネシュワールにあるAIIMS病院のディリップ・パリダ医師によると「およそ5.5リットルの脳髄液が入っていた。そのうち3.7リットルを除去し、認知機能は大幅に改善され、安定し治療はうまくいっている」とのこと 。

水頭症

生後7ヵ月、約4リットルの脳脊髄液を除去した

水頭症

Dilip Parida医師は頭蓋骨の再建手術を計画する

水頭症

両親の話では、やはり世間から冷たい視線がある

Mr​​ityunjay Das君の手術は無事に成功したが、良いことばかりではないようだ。両親のカマレシュ・ダスさんとカビタさんの話によると、周囲の人たちからはやはり歓迎されてはいないそうだ。ついには暮らしていた町から追い出されてしまったという。

Mr​​ityunjay君の異常な姿を見て、人々は「巨大な頭の幽霊」と悪口を言う。しかしながら、今後頭蓋骨の大きさを小さくする手術が成功すれば、周囲の人々の態度も変わるだろうとカマレシュさんは話している。

良くなることをお祈りしたい。

水頭症

手術は成功したが、家には帰れず病院生活となる

水頭症

水頭症(hydrocephalus)はギリシャ語の「脳」と「水」から由来している

水頭症

水頭症は治療しないと死のリスクが高まる

水頭症

両親、医療チームと共に・・・

▼▼あなたへのおすすめ▼▼

イラクで8本足の奇形で赤ちゃんが生まれました。 赤ちゃんの名前はKaramちゃん。生後7カ月で大手術に挑ん...
インドの州のひとつ、「ウッタル・プラデーシュ州」に世界一巨大な手をもつ少年が暮らしている。 彼の名は「タリ...
そこに映し出された人物は、何も知らされていなければ「小柄な老人」にしか見えない。 顔の皮膚はたるみ、皺も多...
衛生環境、食事情の問題なのであろうか??? アジア系、あるいは途上国の情報で、しばしば奇形の子どもたちを目...
顔面から巨大な腫瘍が垂れ下がる男性がいる。 それはまるで肥大した陰茎のようだ。 それだけでも、おおい...

参照;dailymail