「保育園落ちた日本死ね!」の次は、「うるさいから開園断念」・・・そもそも保育園って必要あるの??

「保育園落ちた日本死ね!」の次は、「うるさいから開園断念」・・・そもそも保育園って必要あるの??

さて、待機児童問題が話題になっている昨今。

ちょっと前に「保育園落ちた日本死ね!」という感情的な書き込みがインターネットで話題になってましたね。

保育園落ちた日本死ね!!!

何なんだよ日本。
一億総活躍社会じゃねーのかよ。
昨日見事に保育園落ちたわ。
どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。
子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ?
何が少子化だよクソ。
子供産んだはいいけど希望通りに保育園に預けるのほぼ無理だからwって言ってて子供産むやつなんかいねーよ。
不倫してもいいし賄賂受け取るのもどうでもいいから保育園増やせよ。
オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。
エンブレムとかどうでもいいから保育園作れよ。
有名なデザイナーに払う金あるなら保育園作れよ。
どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ。
ふざけんな日本。
保育園増やせないなら児童手当20万にしろよ。
保育園も増やせないし児童手当も数千円しか払えないけど少子化なんとかしたいんだよねーってそんなムシのいい話あるかよボケ。
国が子供産ませないでどうすんだよ。
金があれば子供産むってやつがゴマンといるんだから取り敢えず金出すか子供にかかる費用全てを無償にしろよ。
不倫したり賄賂受け取ったりウチワ作ってるやつ見繕って国会議員を半分位クビにすりゃ財源作れるだろ。
まじいい加減にしろ日本。

http://anond.hatelabo.jp/20160215171759

感情的な文章表現なので、賛否両論ありましたが、同情する人も多かったようです。

そんなこんなで、今度は「保育園つくりますよ!」ってなったわけですが、

「子どもが騒いでうるさくなる」とかで周辺住民の理解が得られず、保育園が開園できないようですね・・・

<私立保育園>「子供の声うるさい」開園断念 千葉・市川

千葉県市川市で4月に開園予定だった私立保育園が「子供の声でうるさくなる」などの近隣住民の反対を受け、開園を断念していたことが分かった。同市の待機児童は373人で全国市区町村で9番目に多い(昨年4月時点)。説明会に同席するなどして地域の理解を求めてきた市の担当者は「(住民の反対で)開園が延期したケースは東京都内などであるそうだが、断念は聞いたことがない。残念だ」と言う。

市によると、同県松戸市の社会福祉法人が3月に木造2階建ての園舎を完成させた上で、4月1日に定員108人(0~5歳児)で開園する計画だった。予定地は市中心部に近い住宅街で、昨年8月に開園を伝える看板を立てたところ、反対運動が始まったという。

住民側は市や社会福祉法人に対し、計画撤回の要望書を提出。社会福祉法人による説明会も複数回開催されたが、「子供の声が騒音になる」「保育園が面する道路は狭いので危険だ」などの意見が強く、建設に着手できなかった。市によると、これまでも市内で他の保育園開園への反対はあったが、最終的に合意を得られていたという。

社会福祉法人は3月下旬の理事会で断念を決定。理事長は「保育園は地域の皆さんから見守ってもらえなければ成り立たない。無理だと判断した」と話している。【小林多美子】

◇全住民の理解難しい

住民参加のまちづくりに詳しい千葉大大学院の木下勇教授(都市計画学)の話 子どもの声を騒音とするのは正しい社会のあり方ではないが、待機児童解消の目的だけで全ての住民の理解を得るのは難しい。行政は地域の未来やまちづくりに、保育園がどう必要なのかなどを住民と話し合い、今後を描いていく必要がある。

参照;yahoo!ニュース

様々な立場の人がいるので、誰が良いとか悪いとか、一概に判断できない状況です。現在の混沌とした社会状況そのものですね。

そもそも、どうして保育園が必要なの?・・・人間以外の動物たちには保育園なんて存在しません


日本という国の時代背景、環境変化を知る必要があります。

日本は戦争に負けて、焼け野原になりました。そこから立ち直るにはそうとうな覚悟、努力、一致団結感が必要になります。そんなムードが、団塊の世代、高度経済成長、一億総中流、マイホーム主義、終身雇用、30歳までに結婚、などの価値観を生み出しました。「生めや増やせや」です。

すべてを失って丸裸になったら、誰でも立ち直ろうとします。戦後復興、経済成長は決して悪いことではありません。

しかしながら、そのような時代背景、環境の変化が「過剰労働」を促したのも事実です。「24時間戦えますか?」というキャッチフレーズをご存じでしょうか?30代前半から下の世代の人は知らないかもしれませんが、むかし話題になったエナジードリンク「リゲイン」のキャッチフレーズです。

無理してまでも、体に鞭打って働かなければ生活できない。そのような環境に変わった結果、疲れを護摩化すために、カフェインや糖分、そのほか覚醒作用の強い添加物の摂取が横行し、時間の余裕もなくなり日々の食事がコンビニエンス化して、さまざまな病気が蔓延するようになりました。

このような追い込まれた生活環境になっても経済成長は止まりません。社会はまだまだ物質的、経済的豊かさを助長するムードを推し進めます。その結果、ついには家庭を守るべき女性も社会へ出て働かなくてはならない環境に変わりました。

そして、自分たちだけでは子育てが不可能になり保育園に頼るようになったのです。

そもそも、人間以外の生命、生き物、動物たちは、戦争もしないし過剰労働もしません。そして彼らには勿論「保育園」なんて存在しません。

現代日本社会は物質的に非常に恵まれた環境にあります。子どもを保育園に預けてまで過剰労働する価値はあるのだろうか?


日本は物質的に恵まれています。それは世界トップクラスというより世界トップです。特に都会では物も情報も腐るほど溢れかえっていると言えるでしょう。そのため、生き方の選択肢も非常に多くなっています。

就職しなければいけない、保育園に子どもを預けなければいけない、そのような固定観念は少し前までは常識でしたが、もうそのような常識に縛られるのはやめにしませんか?

先人たちの頑張りにより、現代日本社会は物質的に非常に恵まれています。しかしながら、後先を考えず、このまま頑張り続けたらどうなるでしょう?人も地球もぶっ壊れますよ。

日本は少子化で騒いでいますが、それは間違いです。なぜなら、今までが増やしすぎただけだからです。増やしすぎたものが元に戻る、少子化は自然な成り行きであり、何も間違っていません。

勿論、人間も生命ある生き物ですから、子どもを授かりたい人はそうするべきでしょう。しかしながら、必ずしも子どもをつくらなければいけない、保育園に預けなければいけないというわけではないのです。

「保育園落ちた日本死ね!」の次は、「うるさいから開園断念」 待機児童問題

わたしたちは物質にも情報にも非常に恵まれています。それにより生き方の選択肢も非常に多いのです。あなたはそのことに気付いていますか?


「物がなくて今にも死にそう」日本にはそのような人はほとんどいません。むしろ、「要らないものがあふれ返って困る」という人の方が多いでしょう。また、物だけではなく情報もそうです。このような日本の恵まれた環境は世界トップです。にもかかわらず、なかなか恵まれていることに気付けません。なぜでしょうか?

要因は複数のものが複雑に絡み合っていますが、その一つに、高度経済成長期、団塊の世代の美意識をひきずっていて、そのムードから抜け出せないからだと思います。

団塊の世代というのは、終身雇用、年功序列、老後はのんびり夢の年金生活というのがステータスです。これだけ聞くと「なんだ非常に安定していて良いじゃないか」と思いますが、それは老後のために「今」を犠牲にして「我慢しなければならない」、「耐えなければならない」という、中流様式のネガティブな部分をはらんでいるのも事実です。

そして、今現在の物質的に非常に恵まれた時代にも、その観念は生き続けています。団塊の世代は今の若い世代に対しても「自分たちは、耐えて、我慢して、頑張ったんだから、お前らも同じ道を歩め」的なムードを押し付けてきます。破綻しているに等しい年金問題のことあるでしょう。しかしながら、すでにお金を頂点とした経済最優先の時代は終焉を迎えているのです。

時代は切り替わろうとしています。物質的、情報的に非常に恵まれている時代だからこそ、「お金を頂点とした経済最優先」以外にも、人生の選択肢はたくさんあり、そのことに気付かなければならないのです。「老後のために、今は我慢しなければならない」、「老後のために、今は耐えなければならない」というムードは、もはや時代遅れといえるでしょう。

長い人類の歴史を考えれば、保育園の存在はつい先日のことですよ


長い人類の歴史を考えれば、保育園が存在している時代など無いに等しいでしょう。本当に保育園は必要なのでしょうか?

わたしの知人には、「保育園、幼稚園に頼らず、自分で子育てしたい」という人がいます。その人は公営住宅に住み、生活保護を受給しながら子育てしています。

「生活保護」と聞くとネガティブなイメージが強いですが、不正受給している人はほんの一部です。本当に働けなくて困っている人も多くいます。そして、「自分で子育てするために生活保護を受給する」という選択肢も、今の恵まれた時代なら可能なのです。

また、都会から離れて、田舎に移り住み、保育園に頼らず自分で子育てするという選択肢もあります。地方の過疎地では空き家が多くなり、空き家バンクを抱えている自治体も多く、信じられないほど格安で移住できる時代なんです。是非、「空き家バンク」で検索してみてください。

田舎は因習的に他者を寄せ付けない地方もありますが、基本的に人材不足ですので歓迎されます。自然豊かな環境で子育てする方が、本来の生き物としての人間にとってプラスになるでしょう。物資は現地調達以外にも、インターネットや流通も行き届いていますので、離島とかでなければネットショップを使えば問題ありません。

今の時代は非常に恵まれた時代です。生き方の選択肢も非常に多いのです。あなたはそのことに気付いていますか?そんな時代に過剰労働してまで、保育園に頼る必要がありますか?