空気から水をつくる魔法のようなボトルがある・・・Self filling water bottle“ Fontus”とは?

空気から水をつくる魔法のようなボトルがある・・・Self filling water bottle“ Fontus”とは?

当然だが、人間が生きていくには水は必要不可欠であり、どんな食べ物よりも、まずは水を確保しなければならない。

しかしながら、国連の調べによると世界40ヶ国、20億人もの人々が水不足に陥っており、2030年には世界人口の47%もの人が水不足に陥るだろうと予想されている。

わたしたちが暮らす日本は、奇跡的に水が豊かな国であり、水の確保に苦しむことは滅多にないが、巨大地震をはじめ、台風やその他自然災害が多いのも事実であり、災害時の水の確保を日頃から考えておくべきでもある。

これからは、「水の時代」と言ってもおかしくない状況になるかもしれません。

水がなければ死にますからね。

さて、そんな水事情ですが、オーストリアの工業デザイナー「Kristof Retezar」が、空気から水を精製するボトルを開発したようだ。

その名は、「Fontus」・・・自転車に取り付けるタイプと、持ち歩きタイプの2種類がある。

まずは、自転車取り付けタイプの「Ryde」

空気から水をつくる魔法のようなボトルがある・・・Self filling water bottle“ Fontus”とは?
フレームにマジックテープで固定し、自転車が走り出すと前部にある吸気口から水分を含んだ空気を取り入れ、ボトル内に飲料水を貯めるようになっている。もちろん空気に水分が含まれていなければならず、湿度の高い気候が望ましい。

気温20度、湿度50%の環境において、1時間の走行で、500CCの水が貯まるそうだ。

また、ホコリなどの異物が混入しないようにフィルターがついている。

次は、持ち運びタイプの「Airo」

空気から水をつくる魔法のようなボトルがある・・・Self filling water bottle“ Fontus”とは?
こちらは、ボトルの周りに巻き付け可能な大型のソーラーパネルが付属している。水を貯める際には、このソーラーパネルを広げ、電力を確保し、ファンを回すことにより空気を取り込む仕組みだ。もちろん、その性能は日光の強さに左右されるだろう。

また、両者ともに、ペルチェ素子といわれる冷却用のパーツが内蔵されており、これにより結露を発生させ、水をボトルに貯めるようになっている。ベルチェ素子はエアコンやCPUの冷却システムなんかに使われているとのこと。

最後に・・・

現段階では残念ながらまだ製品として販売されておらず、今年、3月にクラウドファンディングキャンペーンを開始するとのこと。

参照;Engadgetえん乗りvimeo、他