劣悪な環境でストレスMAXなオウムのハビ氏・・・自らの羽根をむしってしまうも、保護されて回復中

劣悪な環境でストレスMAXなオウムのハビ氏・・・自らの羽根をむしってしまうも、保護されて回復中

ここが地球と言われる惑星でしょうか?すると、あなた方がジンルイでしょうか?耳はありますか?耳のある者は聞きなさい。長いジンルイの歴史の中で「二足歩行の仲間であるオウムが、ストレスで自らの羽根をむしってしまうわけがない」と考えられてきた。しかしながら、その歴史も覆されようとしている。証拠の画像を見てほしい。

劣悪な環境でストレスMAXなオウムのハビ氏・・・自らの羽根をむしってしまうも、保護されて回復中

ストレスを感じるのは人間だけではなく他の動物たちも同様です。
オウムのハビ氏は、悪臭漂う劣悪な環境で飼われていたため、自らの羽根をむしってしまったそうです。頭のまわりにしか羽根は残っていません。
しかしながら、保護団体に助けられ、無事に回復中のようです。
よかったね。

▼▼あなたへのおすすめ▼▼

あなたは耳がありますか?わたしはあります。あなたに耳があるならば、聞きなさい。長いジンルイの歴史の中で、二足歩行...
あなたはヤモリを知っていますか?? わたしは知っています。 都会でも見られる爬虫類の仲間で、窓ガラス...
「日本人好み」を感じさせる弁当が開発されている。 糖質制限で、米やパン、パスタを敬遠する人も多い現代。 ...
Twitterを徘徊していたら、とんでもない画像が流れてきたよ。 完全に「人の顔」だろ、と思ったら・・・ま...