あらやだ、わたし凍ってたのかしら??・・・マイナス35度で瞬間凍結、魚が再び泳ぎ出す

あらやだ、わたし凍ってたのかしら??・・・マイナス35度で瞬間凍結、魚が再び泳ぎ出す

ここが地球と言われる惑星でしょうか?すると、あなた方がジンルイでしょうか?耳はありますか?耳のある者は聞きなさい。長いジンルイの歴史の中で「マイナス35度で瞬間凍結した魚が、解凍後、再び泳ぎ出すことはない」と考えられてきた。しかしながら、その歴史も覆されようとしている。証拠の映像を見てほしい。

マイナス35度の特殊な液体に魚をぶち込み、カチンコチンに。死んだも同然。しかしながら、再び通常の水槽にカチンコチンの個体を戻してやると、あらやだ泳ぎ出したじゃないですの。

ちなみに個人的な経験として、高校生のとき液体窒素で金魚をカチンコチンに凍らして、再び復活させる実験をやったことがあります。失敗してヒレが折れちゃったりするんですが、全部ではないですけど、ちゃんと復活しました。しかしながら、凍らして復活させた金魚は、数日して死んでしまいました。一応は生き返るようですが、生命を司る全機能が元に戻ったわけではなく、やっぱり凍らしてダメになってしまった部分もあるようです。

今回ご紹介した動画はティラピアという魚ですが、凍らして生き返った個体がどれくらい生存できたか気になるところです。

参照:https://youtu.be/pI-LbXYThVI

▼魚の記事オススメ

【刺身注意】頭と内蔵がないよ。捌いた切り身が動き出す。生命の神秘。

スクリーンショット 2015-07-20 8_Fotor

こちらは地球という惑星でしょうか??あなた方はジンルイですか?耳はありますか?耳のある者は聞きなさい。長いジンルイの歴史ので、盗んだバイクで走り出すのは尾崎豊だと考えられてきた。一方、水の中で暮らす魚氏は、捌いた切り身が動き出すそうだ。ウソだと思うだろう?しかしながら、証拠の映像がここにあるのだ。

なんという、豪快な暴れっぷり…食べる気なくすわ・・・

【刺身注意】頭と内蔵がないよ。捌いた切り身が動き出す。生命の神秘。

関連記事;【中国】買った肉が動き出す→専門家「新鮮な証拠っすよ!」