海上自衛隊の幹部が長年にわたり女性向け風俗店を経営、顧客に情報の漏洩も発覚

海上自衛隊の男性幹部が、長年にわたって女性向けの風俗店を経営し、顧客に対して訓練内容の情報などを漏洩していたことが、「週刊文春」の取材で分かった・・

 海自幹部は防衛大学校を卒業後、護衛艦などの艦長を歴任し、現在は一等海佐で、昨年8月から横須賀基地で勤務している。この男性は偽名を使って女性専用の無店舗型風俗店の営業を行っており、幹部自身がマッサージの施術もしていた。

 同店のホームページやSNSには、“マスター”として「煌(あきら)ゆう」と名乗る人物がサングラス姿の自身の写真を掲載し、〈貴女を癒すやさしさとたしかな技術を持っています〉などと性的サービスを提供していることを記していた。また、今年2月1日に〈創業16周年を迎えた〉と書かれていた。

 利用経験がある女性が明かす。

「店に連絡すると、彼が対応し、ラブホテルなどでサービスを受けました」

・横須賀基地

 施術を受けた別の女性の親友が語る。

「並外れたテクニックをウリにしていたので、彼女は複数回利用し、性交渉もしたと言っていました。見た目は小太りで中年の“マスター”から、海自の幹部だと明かされ、驚いたそうです」

 2月2日、小誌記者は海自幹部を直撃した。

――週刊文春です。風俗店を経営していると聞いたのですが?

「……。特に話すことはありません……。人違いじゃないですか」

 会場幕僚監部広報室は、小誌の取材にこう回答した。

「本人に確認したところ、『風俗店を10年程度手伝ったことがある』と聞いています。(本番行為を行う違法店か、情報漏洩や勤務中の営業活動、正しく納税しているのかについては)確認中です」・・

(source: 文春オンライン – 海上自衛隊幹部が女性向け風俗店を経営 自衛隊法に抵触か

・防衛大学校

・海上自衛隊の現役エリートが、デリベルを経営している?
公務員が出来る副業は、農業とか不動産賃貸業など条件付きで
可能なものはある。デリベルに通うのは問題ないが、経営は
問題がある、1等海佐となると、かなり高度な情報を握っている、
それを漏らしていたとなると、守秘義務違反では済まないと思う。

・一等海佐・・・
護衛艦艦長・・・
本当ならこんなキャリアーが何をしているのかと言いたい
軍務に精励してもらいたい

・>並外れたテクニックをウリにしていたので、彼女は複数回利用し、性交渉もした

つまり、副業でも実弾射撃訓練をやっていたということだな。

・かなりのテクニシャンで自信があるなら、自衛隊辞めて、こっちで生計立てれば良いのに。

・よく16年もバレずにやってな。そんな時間が本当にあったのかな。まだ、信じられない!

・国家公務員法違反です。兼業禁止だろう。
よりによって風俗営業とは大胆な男だ。
厳罰に処して貰いたい。海軍の英霊が起こっているかも。

・サービス中に海自の秘密を喋ってるかもしれない。さっさと懲戒免職にして欲しい。

・もうすぐアガリのはずが、懲戒解雇なら退職金もパーだぞw
何はともあれ、無許可の副業と機密漏洩はアウト。

・以前から、自衛隊の性的乱れは噂になっていた。しかし、ここまで酷いとはね。

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10185240.html