加藤浩次、有吉弘行・・ 残念すぎる「裏の顔」を持つ芸能人 4選

多くの人々に注目される芸能人だが、テレビなどで見せる顔と“裏の顔”は違う模様。以前加藤浩次は、山本圭壱にちょっと残念なエピソードをばらされて話題になっていた・・

加藤浩次、有吉弘行… 残念すぎる「裏の顔」を持つ芸能人4選! 特に瑛太は…!


 山本は『オレたちゴチャ・まぜっ!』(MBSラジオ)というラジオ番組に、普段パーソナリティを務めている加藤の代打として出演。吉本とのエージェント契約を締結させた加藤について、「吉本さんにへぇへぇ頭を下げて『おはようございます! 吉本さん!』って言うのがエージェント」「あいつ年賀状めちゃめちゃ書いてた」と語っていた。

裏では吉本に“ペコペコ”しているとのことで、ネット上では「狂犬じゃなかったのか……」「あんなに噛みついてたのに」とガッカリする声が。しかし後日同ラジオで加藤は、山本の発言を否定している。

●木村有希
まずは“ゆきぽよ”こと木村有希。彼女は以前から“みやぞん好き”を公言していたが、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で思わぬ物言いがついてしまった。

番組の人気コーナー「本音でハシゴ酒」で木村は、みやぞんについて「すっごい大好きで、結婚できたらって本気で思った」と熱弁。するとタレントの朝日奈央から、「LINEを返さないんですよ、人に」「みやぞんさんにもLINEを1回も返さなかったんですよ」と暴露されている。

●永山瑛太

 お次は俳優の永山瑛太。あまりプライベートを覗かせない芸能人だが、以前「FRIDAY」(講談社)に錦戸亮とのトラブルを報じられている。記事によると瑛太は、お気に入りの店に錦戸や仕事関係者と入店。取材を受けた目撃者は、「瑛太さんはテキーラやイエーガーなどのお酒をグイグイ飲んでいました。二人ともかなり酔っ払っていましたね」と証言していた。

 しかし酔いが回ったのか、錦戸が中指を立てて瑛太をからかい始めたとのこと。すると瑛太の表情が一変し、馬乗りになって錦戸をボコボコにしたのだという。また過去には「週刊新潮」(新潮社)が彼の酒癖の悪さを報じたことも。瑛太はビールをこぼしたカラオケ店員に手を出し、警察沙汰になったそうだ。


●有吉弘行

 最後は芸人の有吉弘行。バラエティ番組などで放つ“毒舌”でお馴染みだが、以前『アルコ&ピースD.C.GARAGE』(TBSラジオ)でギャップのある裏の顔を暴露されている。番組でMCを務める平子祐希は、有吉の後輩思いなエピソードを披露。例えば彼は後輩が上手くいかなかった時、叱るのではなく自分の“失敗例”を語ってくれるのだという。

 平子曰く世間のイメージでは「何やってんだよちゃんとやれよ!」などと叱るように思われている有吉だが、実際には親身に寄り添ってくれる優しい先輩。これにリスナーからは、有吉を「理想の上司」と称賛する声が上がっていた。しかし有吉は毒舌キャラで売っているため、「営業妨害では?」「それ以上はやめてあげて!」と心配する人も。

・知りたくなかった芸能人の裏の顔


参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10184409.html