小倉優子、テレビ業界の壮絶パワハラを暴露し視聴者衝撃 「これって殺人未遂では?」

6月から施行されるパワハラ防止法の話題から、芸歴の長い小倉や石原、ネプチューン・名倉潤らは「とくにこの1年で変わった。ADに優しくなって怒鳴り声が聞こえなくなった」と指摘。そこから過去に目撃した業界の恐るべきパワハラ場面を振り返っていく・・

小倉は、20年ほど前のグラビア撮影時に「ボーッとしていたアシスタントにカメラマンが手元にあった植木鉢をぶつけた」パワハラ現場を目撃したと告白。周囲から「血が流れた?」「殺人未遂じゃない?」と驚きの声があがると、「本当に衝撃でした」と目撃時の心境を吐露する。

IKKOは美容業界ではミスをすると「熱いコテを手に押し付けられた」と主張。名倉は「コント撮影中に後ろを向いているADがドロップキックされていた」「カメラアシスタントは(動線の邪魔になるから)蹴られていた」など当時目撃したパワハラを明かし、「それで育ってきたから、そうやって育てるのかも」と一定の理解を示した。

・パワー・ハラスメント

ここで長嶋一茂が現場のカメラマンに対して「実際にそうやって育てられた?」と質問。6名中、年長者と思しき2名が手を挙げる。

「(そうやってパワハラを受けてきた人が)いるんだよ」と出演者たちは口々に語った。しかし厳しい指導でカメラの技術があがったかを尋ねると、当のカメラマンらは「あがりません」と即答、パワハラによる指導に意味はないと全否定した・・

(source: しらべぇ – 小倉優子、テレビ業界での衝撃パワハラ暴露 「殺人未遂じゃない?」

・安達祐〇の現在の夫もパワハラ常習犯。 加納典▲の息子(元ギルド所属)は大手事務所じゃないグラドルを現場で喰ってる。中途半端に名前が売れてる(技術は無いけど)輩ほど現場でやらかしてる。

・給料減らしたらいいんじゃな?仕事ができるようになって給料増えると選民意識というか気がでかくなるというか周りを下に見るようになるから。そうなってしまう事が残念だという事も忘れてね。そこも含めて人事・給与面評価するとそういうやつらは「正当に評価されない」って勝手にいなくなってくれるよ。

・パワハラセクハラいじめ…人間が複数集まればいつ起こってもおかしくないから受けた時の対処法を心得ておきたいものだけど

・芸能界、土方、運送業、どこもイビリやパワハラモラハラ酷いのを一向に直すどころか武勇伝のように語るからな。

・タケシなんかパワハラの頂点に居るだろうな。あの古臭いつまらんギャグを若い共演者が手を叩いて笑う振りをしてるぞ。一般社会では両手を叩いて笑う仕草なんてないよ。

・コリン星にもパワハラ、いじめもあるのかな?

・って夢をコリン星で見たんだろなぁ、こんな子は記憶が曖昧で作り上げてしまう、人間の記憶は昧だから日記を書いたりした方がいい

・自分の職位、職階が自分の人格だと勘違いする輩、自分が偉いと勘違いしているからパワハラなど日常茶飯事、しかし自分はパワハラだと思っていない、自分の指示は絶対だと思っているから退職しても変わらない

・この人も覚えてるだけで3回くらいキャラ変更させられてるしな

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10182828.html