「紅白歌合戦」King Gnuのヒド過ぎる生歌に批判噴出 「めっちゃ下手」「出ちゃいけないレベル・・」

昨年大みそか放送の『第70回NHK紅白歌合戦』で初出場を遂げた4人組バンド『King Gnu』のパフォーマンスに、ネット上で苦言が相次いだ・・

同年1月にメジャーデビューしたばかりにもかかわらず、1年目で早くも「紅白」出場をかなえた「King Gnu」。この日に披露したのは2月に配信限定でリリースした楽曲『白日』で、夜20時半ごろと時間帯もいいポジションを獲得していた。

白組司会の『嵐』櫻井翔から紹介を受けると、画面はステージに切り替わり、スポットライトに照らされたボーカル・常田大希がきれいなハイトーンボイスで歌う幻想的な光景に。

・紅白歌合戦


しかし、せっかくの美声も演奏に負けてしまっているように聞こえる場面が多く、

《全く聞こえなくて笑える》

《声カスカス》

《音量ミスってなかった?》

《常田のマイクが小さかったのか?》

などといった声がネット上に上がっていった。

その後も、同グループのパフォーマンスは、ボーカルの声が演奏に押されてしまうような場面が目立つことに。


パフォーマンスが終わると会場は拍手に包まれたが、ネット上は、

《音程は外してないけどカスカスやな》

《声出てないのもそうやけどMIX不自然っていうか音のバランスおかしい》

《めっちゃ下手やったな カラオケなら80点台やろ》

《やっぱ生歌あんまりウマくないな》

《声量低いのごまかす方法なんて今いくらでもあるのに》

《歌は普通だったけど楽器のバランスひどかったな》

《めちゃくちゃヘタだったな 出ていいのかレベル》

などの苦言や、

《白日をやったのが間違い》

《生歌向けの曲じゃないからどうしようもない》

《井口は上手かったくね?》

《今のエンタメ化した紅白だとガチのアーティストのKing Gnuは浮く》

などといったファンの声が入り交じる荒れ模様と化した・・

(source: まいじつ – 『紅白歌合戦』ヒド過ぎる生歌に批判続出「出ちゃいけないレベル」


・ジャニ集団も秋元集団もヘタだろ。

・しょうがないでしょ! だって 学芸会ですから!!!

・紅白歌合戦なんか見ている奴がいるのか、恥ずかしくないのかねぇ。

・マッチが最優秀歌唱賞とって紅白のトリを取ったこともあった。聞いてる方が恥ずかしくなるようなことやるな、もう完全終わってる

・口パクよりマシ

・この番組は、歌合戦ではない。バラエティー番組だ。しかも、歌そのものが心にしみない。

・見たことも聞いたこともない人がいたり、売れている曲もない人が登場したり長い演出。マンネリ化。同一時間の裏番組は、紅白に落選した演歌歌手が歌っている。

・歌の下手なのがプロでメシが食えるのか?不思議な国日本!そう言えば持田香織も酷かったしなぁ最近では倉木麻衣も酷いと噂で聞いているな!

・どちらかというと、音響担当の責任じゃない?出演者によって音のバランスを調整しないの?

・で、タケシはその上を行くチョ〜ドヘタってえ事ですね

・菅田将暉もけっこうきびしかったよな

・いやあ そうかなあ久しぶりに会場に行って見たかったなあと思った程内容充実していて企画頑張ったんだと思ったよ。今回、抽選に当たった人が羨ましく思ったもの。紅白、日本人の風物詩で良いじゃない。

・こんなくだらん番組に、高額な金額をつぎ込むくらいなら受信料を下げろ。

・今の状態は歌合戦じゃなく、パフォーマンス合戦でしょ。昔ほどの視聴率は取れないのは当然としても実力本位で唄う原点回帰を希望します。一人々観客の見てる舞台にでて、横に居る楽団と一緒に唄って下さい。

・歳忘れ日本の歌でも、岡本真夜、中村雅俊へたくそでした!

・日本の6オクターヴ歌手、裏声ばかり、裏声じゃないと声がでない。ホイットニーヒューストンの歌で練習しろ。演歌歌手でロックをやっていた人いたが、声も歌も素晴らしいが、あれは残念ながらロックではない。

・NHKは演歌部門を一部にその他の部門を二部で構成で行えばまだまだ視聴率が取れると思う。17:00〜から始めると年配者にとって見やすいと思う。

・松任谷由実なんて何年も前から音程がひどくなった。米津玄師さんて、捕まったときのイチハシに見えてしかたないです。

・あまりのヘタっぷりに、こっちがひあ汗かきながら見てましただ(>_<) ・ハイトーンボイスのボーカルは井口です。常田は低い方。訂正してください。

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10169192.html