千葉で「キョン」が4万頭の大量発生、民家で被害続出し住民悲鳴 繁殖した原因に驚き

キョンは朝と夕方に山から下りてきて、稲、大豆、イチゴなどの農作物を食べてしまう。民家の庭にも出没し、植木の草花を食い散らかすので、住民は困っています」・・

「それだけじゃない。キョンはどこでもオシッコをするため、雨上がりの日には町中に牧場のようなムッとした臭いが充満する。夜になると首を絞められているかのような声で鳴き気持ち悪い。すばしっこく、罠(わな)を仕掛けてもなかなか捕まりません」(千葉県いすみ市の住民)

11月下旬の日没間近、千葉県南東部に位置するいすみ市の住宅街に足を踏み入れると、体長1mほどの焦(こ)げ茶色をした動物がそこら中を徘徊していた。2本の角を生やし、車道や民家の庭先を我が物顔でうろつく姿は、まるで小鹿のようだ。人が近づこうとすると素早い動きで物陰に身を隠す。時折「ガー、ガー」と唸(うな)るような鳴き声で仲間に合図を送るこの動物は、シカ科の外来生物、キョンだ。

実は、このキョンが今、千葉県民を深刻な悩みに陥れている。

・千葉県いすみ市の山中で撮影されたキョン

’19年、千葉県民は数々の自然災害に悩まされた。9月の台風15号では、6万5000棟もの住宅で屋根が飛ぶなどの被害が発生し、約64万軒が停電。復旧が長引いたため数週間エアコンが使えず、熱中症による死者も出た。10月の記録的豪雨では、11人が亡くなり、2000棟以上の住宅で浸水などの被害があった。これらの風雨で県内の農林水産業が被(こうむ)った損害額は430億円に及ぶ。

こうした災害で大きな痛手を受けた千葉県民だが、それに加えて現在はキョンが住民の生活に危害を及ぼしている。

これだけ多くのキョンが、なぜ今、千葉県に生息しているのか。

「きっかけは、’01年に閉園した千葉県勝浦市の動植物園『行川(なめがわ)アイランド』で飼育されていたキョンが脱走したことだと言われています。’80年代の話です。キョンは施設内で放し飼いにされていたので、脱走しやすかったのかもしれない。当初は勝浦市にしか生息していなかったものの、今は県内各地に生息域が広がっている。東京都に近い柏市での目撃情報もあります」(千葉県勝浦市の住民)・・

・詳細は(source: FRIDAY – 「きょん」が4万頭の大量発生 千葉県内をシカ科の外来生物が徘徊

・行川(なめがわ)アイランド

・いすみ市岩船 仕掛けたくくり罠で捕獲されたキョン

・倫理的に受け付けられないと思うけど、一番の解決策は捕り捨てだと思うよ。
体の一部を役所に届けたり、解体処理したりする手間かけるよりも実利を取ったほうがいいんじゃないの?
それを認めない限り人間は勝てないよ。

・高級食材なら食べようよ
鴨川の大きなホテルとかが提携とかね
捕まえてホテルに渡したらお金もらえるとかにすれば増えるのは防げるんじゃないかな

・なるほど、ちょっと視点を変えれば資源化できるんだ。
千葉県の貴重な農林生産物になるかもしれないな。

・生物の不思議なところで近親交配の影響がでない種類なんだろうね。

・増えすぎた人間にも調整してくれる存在がいればいいのにね。

・家庭菜園どころか畑の作物全滅させられますもんね。猪といい百害あって一利無しの動物ですね。

・キョンと言えば、八丈島のキョン!by
こまわりくん

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10163295.html