「バ~ニラ、バニラ」 繁華街を爆走するバニラトラック、音程が外れている意外な理由・・・そこには実に巧妙な仕掛けがあった

特徴的なテーマソングを流しながら繁華街を爆走し、もはや日常風景の一部となっているのが、求人情報サイト「バニラ」の広告宣伝車、通称 “バニラカー” 。なぜ、バニラのテーマソングは一度聞くと忘れられないのか・・

 その秘密を教えてくれたのは、作曲者のA氏だ。若いころは、一世を風靡したバンドのドラムを担当。その後、CMソングを中心に、1000曲以上を手がけてきた。

「若い女のコに、思わず振り向いてもらえるような曲を目指しました。4、5名の若い女性が歌っています。

 そのなかのひとりに、わざと音程を外してもらったり、かすれた声で歌ってもらったり、サウンドを特徴的にすることで、フックを作っています。きれいにまとめると、逆に印象に残らないんです。

 制作期間は2週間ほど。みんなで聴いたときは、拍手喝采でした。来年はオリンピックイヤーなので、日本にやってきた外国人の方に、バニラの歌をぜひ聴いてもらいたいですね」

“バニラ人気” を支えているのは、テーマソングだけではない。冒頭の写真は、バニラ運営事務局で広報を担当する、バニラカーの頭脳ともいえる2人だ・・

(source: SmartFLASH – 「バ~ニラ、バニラ、バ~ニラ」大音量ソングと人気の秘密

・バニラ運営事務局で広報を担当する2人

・「オウムの手法を引用して、性的サービスの求人を公衆の面前で宣伝しています」と、正々堂々と顔を出して紹介したほうが良いですよ。自分達のやっていることに自信と誇りがあるのなら出来るはずです。

・「日本にやってきた外国人の方に、バニラの歌をぜひ聴いてもらいたい」だと?
性風俗の仕事紹介サイトの宣伝を
小さい子どももいる場所で無差別にやってる国と思われるのはなぁ…

・卑猥な曲だとしか思っていないと思いますが。

・新宿東口付近で仕事してると思うのは、この辺、ガチでカオス
バニラカーも通るし、マリカーも通る、多分知らない人の方が多い変なレストランの宣伝カーも通る。歌舞伎町に隣接してる分、変なのが多い
たまに西口以西に行くと、雰囲気のキレイさにびっくりする。同じ新宿なのかと

・バーニラryが聞こえて来たら、そこは治安が悪かったりヤニ臭かったり、週明けに嘔吐物が散らかる場所だと認識して良いと思う

・そんなに誇らしい物ならわざわざ他県ナンバーを付けて東京都の条例を回避しながら走らせなくてもいいのでは?

・風俗系の求人だと知っているのだろうか??

・人気ではないだろ、、、
個人的には只々うるさいとしか思わないな

・こどもたちが歌う→親がやめさす
でも耳から皆離れない

・印象には残るけど印象は良くない。
人気ではあるけど下品なおっさんにのみ。

・職場の知的障害者が「また見ました!」と嬉しそうによく歌ってるけど風俗だなんて知らないんだろうなぁ。
悪影響でしかない!

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10143991.html