【えっ!??】 栃木で堂々と「大麻有ります!」の看板が発見され驚きの声・・・その真相は???

観光名所も多い栃木県那須町で車を走らせていると「生産地直送! 大麻有ります」と目を疑うような看板が目に入ってくる。近くには、玄関に「大麻博物館」と書かれたログハウス。ひょっとして、かなり「ヤバイ」場所なのだろうか・・

 6畳ほどの室内には、組みひもやブレスレット、記念シールなどが並ぶ。壁際には糸や布が大量に保管されているだけで、至って健全に見える。

高安淳一館長(56)に聞くと「うちは違法薬物のマリフアナの施設ではないですよ」と笑われた。

・「大麻有ります」


 誤解されがちだが、大麻という言葉は本来、衣服や漁網などに使われる「麻」を指す。麻の中でも日本の在来種を「大麻」と呼び、縄文時代から生活に根付いてきた。神事との関わりも深く、おはらいの串は大麻と書いて「おおぬさ」といい、中心には大麻の繊維が結んである。日本人の生活や文化に欠かせない存在だったが、海外からマリフアナが流入して、誤ったイメージが広まったという。

 高安さんは栃木県大田原市内で写真館を営みながら、個人で大麻を研究してきた。2001年、大麻の正しい知識を普及するために大麻博物館を開館。加工前の大麻の繊維や、麻糸や麻布など約200点を展示する・・

(source: 朝日新聞デジタル – 「大麻有ります」堂々と看板 栃木で発見、これは違法?

・麻の多くを輸入に頼っていた日本、いま伊勢市で有識者の検討を繰り返し、麻の栽培加工が軌道に乗ろうとしています。
品種が違えど吸引に結びつける輩も居り某掲示板でも煽るタイトルでニュースが立っていた過去があります。

・嘘か誠か、
忍者は日に日に大きくなる大麻を毎日飛び越えて、驚異的な跳躍力を身に付けたとかなんとか。

・実際、タバコとお酒と大麻はどれが一番身体に悪いんだ?そこの線引きってどうなってんの?

・ここ知ってます。
最初通ったときには、「えっ?」と二度見しちゃいました。

・植物はカナビス
繊維はヘンプ
薬物はマリファナなのだが
日本語だと全部『大麻』になるのが混乱の元

・そう言えば同級生で大麻さんっていたな、読みはおおあさだったけど

・逮捕されるのは
あくまで「所持」に関してだもんな
「使用」に関しては罪に問われないので
罪の意識が薄れてしまう
「使用」についても
罪にした方が良い

・神社の神事で使う麻も国内では賄い切れなくて中国産を使ってる現状ですもんね。

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10140805.html