【人生】ホワイト企業の正社員なのに風俗で働く23歳女性・・ ・「24歳で死にたい」とポツリ。衝撃のその理由とは???

ホワイト企業に勤める新卒のSさん(仮名・22歳)。今は正社員として働く傍ら、週に2回はピンクサロンで働いている・・

「『貧困』って2つの種類があると思うんです。1つは身体の都合とかで働けなくて、本当にお金がないっていう貧困。もう1つは自分が幸せに、機嫌よく生きるためのお金が人よりも多く必要で、どんどんお金がなくなっちゃうっていう貧困です」

 Sさんの生活は決して貧しくない。しかし“後者の貧困”に陥っているのだという。

「ピンサロで働いて時給は2000円。月に十万円くらいの稼ぎかな。会社のお給料は手取りで22万円くらいあります。大学の同世代のみんなは手取りで18万円という人も多いと聞いているので、もらってるほうだとは思います。残業もないし、職場環境はホワイトですね」

 しかし、現在の貯蓄は8万円程度。「旅行とか交際費に使っちゃう。でも最近は頑張って貯金してる」と語る。学生時代は全く貯金をせず、バイトの給料が尽きると両親にお金を無心していたのだという。「甘ったれてたんだよね。ギリギリでいつも生きてる」と、力なく笑った。

 風俗の仕事はツラくはないかと聞くと、「あんまりつらくないね」と返ってきた。

「いまのバイトは割と自分に合ってると思います。結果もすぐ出るし。今月の指名とか人気ランキングがあって、他人と競争している感覚があります。指名料のバックとかちゃんともあるし。自分の接客とかがすぐにお金に反映されるのが、すごい嬉しいです」・・

・詳細は(source: bizSPA!フレッシュ – 正社員なのに風俗で働く23歳女性。「24歳で死にたい」とポツリ

・長生きする気はない、て気持ちはわかる。自分も若い頃からそう思ってたから。すでに40も後半ですが、今もそう思ってる。未来の事はわからないから、今を楽しく生きている、ただそれだけ。今に満足して、いつ死んでも悔いがないならその生き方を貫いたら良いと思う。

・そもそも築かれてきた人口バランスから考えても今の高齢社会は明らかに異常であって、本来活躍し社会の中心となるべき20代や30代の若者たちがこれだけ割を食っているというのもまた異常だと思う。長く生きることは個人的な観点からすれば良いことかもしれないが、社会全体にとってすればむしろ害悪である部分も大きい。

・記事中のこの人は視点を間違えている。過去の蔑まれた自分、主にルックスの事を言ってるんだと思うが男性も女性も30歳も過ぎればルックスに対する重要性が薄くなる。その頃になれば人間としての価値がどこにあるのか同性異性問わずだんだんわかってくる。

・辞めればよい。そして、風俗一本にすれば良い。
貧困という言葉を使わないでくれ。自分のやりたい事、幸せのためにお金を持っていない人は大勢いる。
それが普通。

・風俗は男性社会が必要としているし、お金を必要とする女性が働くのは構わないと思いますが、性的に自分を売ることで精神や身体を傷付けることになるので、そういう意味で心配ですけどね。。わざわざ他人に言う必要はないかと思います。

・お金のかかる趣味を充実させるために風俗やってる人がいるのは事実。
そういう人は身の程を知った趣味の楽しみ方をすればいいだけなんだけど、SNSがある以上承認欲求もあって「あの人よりやらなきゃ」って気持ちが押さえられないんだろうね

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10136495.html