顔のない赤ちゃんが生まれる・・・イッシ「問題ない」と両親に説明・・・停職処分(ポルトガル)

ポルトガルで今月、顔のない赤ちゃんが生まれた。これを受けて、担当の産科医が職務怠慢の疑いで停職処分となった。この問題は、同国に衝撃をもたらしている・・

 ロドリゴちゃんと名付けられたこの新生児は今月7日、首都リスボンから南に約40キロ離れたセトゥバル(Setubal)の病院で、鼻と両目、頭蓋骨の一部がない状態で生まれた。顔面の欠損は、出産時に初めて分かったとされる。

 ポルトガルの医療協議会は22日、アルトゥール・カルバーリョ(Artur Carvalho)医師を6か月の停職処分にすることを全会一致で決めた。

 セトゥバルの私立医院で母親の健診を担当していたカルバーリョ医師は、義務付けられている3回の超音波検査を実施していたが、懸念をもたらす問題には一度も言及していなかった。

 妊娠6か月の時、両親は追加の超音波検査を希望。その際同医師は、胎児に異常がある可能性について伝えたものの、問題ないと話して両親を安心させていた。

 母親の親族が民放TVI 24に語ったところによると、同医師は超音波検査では「赤ちゃんの顔が母親のお腹に密着していると、顔の一部が見えないことはままあると説明していた」という。

 カルバーリョ医師にはロドリゴちゃんの件以外にも、2013年以降6件の苦情が寄せられていた。

 同国南部地方医療協議会の代表は公共放送RTPに対し、同医師の職務怠慢を示す「有力な証拠」があり、「懲戒処分につながり得る」と述べた。ロドリゴちゃんは現在も、生まれた病院の小児病棟に入院している・・

(source: AFPBB News – 顔のない赤ちゃん生まれる、医師に6か月の停職処分 ポルトガル


・正直難しい話だと思った。
命は平等で尊いものでもあるけど、同時に不平等でもある。堕胎すべきか産むべきか。賛否両論あるけど、簡単には決められないからこそ、他人がとやかく言うべきでもないしね。
子供も辛いけど、母も辛い話だなぁ。

・もし異常が分かっていたら両親はどんな決断をしていたんでしょうね
赤ちゃんの立場で言えば医師は命の恩人だったかもしれないし

・難しいですね。
生命は平等であるべきだとは思う。
でも自分だったら産まないで欲しかったと思うかもしれない。

・産まれてきた赤ちゃんも可哀想だが、お母さんが一番辛いはず。こんなことってあるんだな。。
日本の超音波エコーの丁寧さが、身に染みます。

・〉赤ちゃんの顔が母親のお腹に密着していると、顔の一部が見えないことはままあると説明していた

これ私も4Dの時言われた気がする。
それにしても心の準備がないまま産まれた我が子に顔がないと言われたら、相当なショックだろうな。

・障害の程度にもよるけど安楽死も考えは同じで自分よりも当の本人がどう思うかだけど…こればっかりは難しい。
ただ、考え方としては極度の障害は法律で産んではいけないという議論もあっていいと思う。

・生きていく力があるのなら親は何でもしてあげたいと思うけど、産む前に考える時間も欲しい。
生きていく能力があっても幸せにしてあげられるか、どれ程の苦労を背負うのか、考える時間は与えて欲しい。

・誤解されがちな点ですが、母体最優先です。
赤ちゃんにとっては良かったとか、そういう話ではありません。
分娩時、露出した骨などで母体を傷つける等、身体に欠損や奇形のある胎児は母体に大きな脅威となります。わかっていれば中絶の選択も帝王切開の選択もあったはずです。

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10135971.html