【Twitter】ゲームの世界かよ・・・ めり込みバグにしか見えない。渋谷マークシティの「壁にめり込んだ案内表示」の謎。真相が判明

商業施設などで天井からぶら下がっている案内表示。それ自体はどこにでもあるのだが、渋谷マークシティ(渋谷区)4階フロアでは目を疑うような、ちょっと変わった光景が見られる・・

壁めり込みバグにしか見えない、渋谷マークシティの案内表示が話題


2つぶら下がった案内のうち、1つが壁にめり込んでいる…。なにをどうしたらこんなことになるのか。表示の文字は途切れており、案内としての意味をなしていない。綺麗に刺さりすぎて、もともとそういう仕様なのでは…?と考えてしまうほどだ。

ツイッターではこの状況に対し、

「ここはゲームの中ですか?」
「それ再起動したら直りましたよ」
「壁に入ったら世界の裏側が見えるやつ」

といった声が寄せられ、話題となっている。


Jタウンネットは2019年10月24日、渋谷アークシティの販促担当者に事情を聞いた。

「壁にめり込むようになっている理由は、その店舗がリニューアル工事中の為、店舗を仮囲いで囲っているからです」(渋谷マークシティ販促担当者)

やはりというべきか、案内表示は壁に刺さっているわけではない。フロアにある飲食店「銀座ライオン」が改装休業しているため「仮囲い」をしていたところ、案内表示と被ってしまうため仮囲いを削ったとのことだ・・

(source: Jタウンネット – ゲームのバグにしか見えない… 壁にめり込む案内表示の謎、渋谷マークシティに聞いた


・野球が全くできない野球ゲームを実況プレイ

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10135809.html