【台風19号】帰宅途中の車の中で水没、天井まで水が迫る中、携帯で助けを求めるも携帯を手にしたまま亡くなってしまう男性の話しが恐怖すぎる

坂田さんは台風が上陸する前の12日夕方、高台に住む友人の家に自主的に避難していました。ところが、午後8時すぎに雨が小降りになった時でした・・

 坂田さんの友人:「『大丈夫そうだから帰る』って帰っちゃった。『これからが台風なんだから』と言ったんだけど、聞かないで『もしだめだったら戻ってくるから』って行っちゃった」

 いったん収まったという雨。坂田さんは車で自宅に向かったといいます。現場は川の合流地点に近い低い土地。坂田さんの車が水にのみ込まれたのは、まさに川が氾濫したころとみられています。

 坂田さんの友人:「『(水が)天井まで来ちゃっているからもうだめだ。これじゃ死んじゃうよ』って。『もう少しで(助けが)来るから頑張ってね』って電話で」

 110番通報して警察は捜索を始めますが、氾濫した水で二次災害の危険があることから救助を断念。坂田さんとの連絡も途絶えました。

 坂田さんの友人:「(携帯電話では)もう話はできないでブクブク…という感じ。それが最後だったですね」

 目撃した人によりますと、坂田さんは携帯電話を手にしたまま亡くなっていたということです・・

・友人の方が責任を感じているようだが言い出したら聞かない人だったのだろうし止めようがない。

・我が家にも人の言うことを全く聞かない祖父がいます。台風なのに田んぼの水を見に行ったり、高齢者運転の事故が多いからと、免許返納を促しても全く聞く耳を持ちません。おそらくこの方も同じ様な感じだったんでしょうね。死ぬ寸前まで話し相手させられた人のメンタルが心配です。

・電話の先で水没に迫っている友人と最後まで話していたその方の心境は想像することも苦しい。
メディアに話すのもさぞ辛かっただろう。

・友達が責任を感じる必要は、0だよ?残酷な言い方だけど止めたのに帰宅をしたんだから、自己責任だし、仮に救いなのは、二次被害にならなかったところだろう、友人が亡くなってしまったのは、残念だが非常時で知識が無いのに身勝手な行動を取ってしまった。

・我が家も祖父が似た感じだったので軽くひっぱたいて押さえつけました
年寄りほど「今まで大丈夫だったから」「この程度なら大丈夫」とか言います
本当に助けたい人がいる人は本気で止めてあげて下さい

・水没車内から「もうダメだ」制止を振り切り帰宅

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10131576.html