【衝撃】さあ、猿に戻ろう!・・・サルが実際に見ている「脳内画像」のイメージ化に成功 作業員の服装も認識

科学ニュース「Futurism」(5月2日付)によると、今回実験を行ったのは米・ハーバード大学の研究チーム。「XDREAM」と呼ばれる人工知能アルゴリズムを利用し、サルが見ているものをそのままイメージ化したという・・

サルの脳の視覚情報のイメージ化に成功


 視覚情報の処理には形・色などが複雑なプロセスを通して統合されていくが、それぞれに対応する脳活動はこれまでに知られていたという。そのため、それぞれをAI(人工知能)で統合し、処理すればサルが見ている映像をそのままイメージとして取り出すことができるというわけだ。

 それでも、そのイメージの多くは対象を判別することができないほど曖昧であった。しかし、いくつかのイメージは多少なりとも具体的な内容を含んでいた。

 たとえば、猿のような生物に赤い色が付着しているイメージがあったが、研究者によると、それは実験された猿の向かい側にいる別の猿ではないかとのことだ。というのも、向かい側にいる猿は赤い首輪をしているからだという。

 また、実験用の猿の世話をしている人物もイメージに写っていたという。マスクや青い作業服が認識できたとのことだ・・

・問題の画像



・ジミーちゃんの絵になんか似てるな。

・Black Mirror Season 4の「Crocodile」に出てくる「記憶を観て捜査をする」世界になる日も近い。

・他人の夢を覗き見する日も近い。

・夢を可視化する 脳情報デコーディングの試み

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10040141.html

https://futurism.com/neural-net-monkey-brain-bizarre-images