【動画】 シベリアで2000年前のiPhoneが出土したと騒然・・ 学者「これは科学的大事件」

新型iPhoneの発表で世界が沸いている中、シベリアで見つかった2000年以上前の女性の墓から“iPhone”が出土したというニュースが話題となっている・・

シベリアで2千年前のiPhoneが出土

2016年、水が引いて広大な砂漠のようになったアラテイ遺跡で、およそ2137年前の匈奴の時代のものとみられる女性の墓が見つかった。

まるで“iPhone”のようだと話題の遺物は、この墓の副葬品の一つである。それは18センチ×9センチと平均的なスマートフォンよりやや大きめなサイズの黒い板状の物体で、その大きさからするとiPhone 11 Pro Maxにカバーをつけたもののように見える。

表面にはターコイズやカーネリアンといった宝石や真珠貝が並べて埋め込まれている。その見た目は、まるで黒のiPhoneをラインストーンでデコったようだ。

筆者も一瞬、某名作古典SF小説のラストシーンを思い出して小さなときめきを覚えたが、言うまでもなく、これはiPhoneではない。女性の腰あたりに乗せられた状態で見つかったことから、その正体はベルトのバックルと考えられている。

ベースとなっている黒い板も黒玉と呼ばれる宝石の一種であり、宝石を使った象眼細工の細かさからも相当な高級品とみられる。またベルトには中国の五銖銭が取り付けられており、これは年代の推定にも役立った。そのデザインは非常に現代的であり、2000年以上の時代を先取りしていたともいえる墓の主は古代のファッションリーダーだったのかもしれない。

発掘隊を率いる露サンクトペテルブルク物質歴史文化研究所の考古学者マリーナ・キルノフスカヤ氏は、今回の発見を「科学的な大事件」と話している・・

・多くのメディアで報道される

・これはタイトルが悪いわ

・ということは、それを装着すれば古代の戦士に変身できるんですね

・daily mailはイギリス版東スポ。sunは夕刊フジ。低知脳労働階級向けのタブロイド。 日本人は海外メディア発とかを畏れ尊ぶがトンデモメディアが跋扈するのは日本より上。どんな連中が、何を意図して、発信してるか、発信するコトにょって利益を得るのは誰か?それを考える楽しみもある。(笑)

・開いた口が塞がらないwww

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10113192.html