明石家さんま「老害化する笑いの天才」の限界・・ ここまで好感度が下がったその理由とは???

 昨年、『日経エンタテインメント!』(日経BP社)の「好きな芸人・嫌いな芸人2018」ランキングで異変が起こった。「好きな芸人」部門で、調査開始以来、不動の首位を保ってきた明石家さんまが敗れて、新たにサンドウィッチマンが1位に輝いたのだ・・

 しかし、今年はさらに驚くべきことが起きた。『日経エンタテインメント!』2019年8月号で発表された「好きな芸人・嫌いな芸人2019」で、さんまが初めて「嫌いな芸人」で1位になってしまったのだ。もちろん「嫌い」と思うほど感情が動くのは、それだけ認知されている証拠でもある。いわば、嫌いな芸人として名前が挙がるのは人気者の宿命でもあるのだ。

 それでも、あのさんまが1位になるというのは衝撃的だ。40年以上にわたって幅広い世代に愛され続けてきたさんまに、いま逆風が吹いている。そんな空前の事態が起こったのはなぜなのか、改めて考えてみたい。

・明石家さんまさん

 記事の中でさんまを嫌いだと思う理由として挙げられているのは、「価値観の押し付けは目に余る」(57歳男性)、「なんでも自分の話にしてしまい、MCとして機能していない」(57歳女性)といった意見である。さんまを根強く支持していたはずの熟年世代からも、このような批判が出てくるようになっているのだ。ここで挙がった「価値観の押し付け」「何でも自分の話にする」という2つの問題について順番に検討していこう。

 まず、1つ目の問題について。確かにここ数年、さんまのテレビやラジオでの発言が世間の非難を浴びるケースが増えている。「いい彼氏ができたら仕事を辞めるのが女の幸せ」といった旧来の価値観の押し付けに思えるような発言や、「カトパン(加藤綾子)を抱きたい」というセクハラまがいの発言、さらには剛力彩芽などの若い女性タレントを本気で狙っていると公言したりするところが、バッシングの対象になっている。

つい最近も、8月20日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、性別非公表のものまねタレントのりんごちゃんに対して「りんごちゃんなんかは男やろ?」と詰め寄った。空気を察してヒロミがすかさず「りんごちゃんはね、そういうのないの、性別がないの」とフォローを入れると、さんまはそれでも納得せず「おっさんやないか、アホ、お前」と声を荒げた。

りんごちゃん自身は場を収めようと「人それぞれの捉え方でいいんです」と答えていたが、ネットではLGBTに関してあからさまに無理解であるように見えるさんまに対する批判が相次いでいた・・

・さんまが60で引退を考えてたのは
上がいつまでも詰まってると、下の世代の芸人達が渋滞する、お笑い界の活性化に繋がらないからと言ったような理由
からだと思う。似たような事話してましたよ。それを太田が止めたとも。
力の限界ではないと思う。押し付けがましいのは昔から。

・さんまさんには これまでに沢山の笑いをもらって感謝しかありません。芸人には毒がつきものだし 見る側もそれは承知の上。年齢的にも新しい話題にはもう中々ついていけないのではないでしょうか。それが限界と言うならそうかもしれませんが教養がないと言うが長年に渡って好感度トップを維持してきたには訳がある。終わりの始まりと言うより人間である以上いつかは引く時がある それは当然のことである。

・お笑い界に限らず、全ての業界は変化を求めている。特に古くから続く悪しき慣習に反発する傾向は、ここ最近、特に強く見られる。さんまさんのお笑いの対する貪欲な姿勢は強いプロ意識の表れであるが、それを求めていない人間が増えてきていることは事実。

・最近は、相手の話の腰を折って自分の話にすり替えるので、「歳をとったなあ」と感じてた。
ゲストが話のオチを言う前に、先に自分の笑いを取りに行くので、ゲストが苦笑いしてる時も多かった。
笑い反射神経はすごいけど、場の空気を読む力は歳をとったなあと思う。

・さんまさんが変わったのではなく、出る杭は打つみたいにちょっと普通から外れただけで、何でもかんでも非難する世論の方が変わったのでは・・・。
たしかに変に人を小馬鹿にしたり、周りを差し置いて自分だけが前に出て目立とうとするような姿勢の人は好きではないですけど、さんまさんが、そんな若手。中堅芸人と一緒とは思えないですけどね。

・たぶんさんまさんはほとんど変わっていないと思います。グローバル化や女性の社会進出が進んだりLGBTが認められるようになったりしているのと同じで、世の中の人の物の考え方・求めているものが変わっているのだと思います。
これまでは面白いと思われていたさんまさんのトークが今の世の中では不快に思う人が増えているのではないでしょうか?

・さんまさんはザ・吉本なんだと思う。お笑い芸人が政治をネタにしない事を日本のお笑いはオワコンって言った学者がいたけど、自分に教養が無い事を知っているし、学者に影響されて突然、無知なのに現政権の批判をネタに盛り込み出す。そういう芸人だった人も居たけど、さんまさんはそういう中途半端な事はしたくないんだと思う。

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10111442.html