【画像】吉本興業問題・・・カラテカ入江慎也の現在の姿に驚き・・ 激太りで「毎晩のように飲み歩いている」、丸で別人。

闇営業芸人たちの謹慎が解除されたのと同じ8月19日、入江慎也(42)の姿が東京・中目黒にあった。夜10時、友人男性と長身の美女をともなって、商店街を歩く入江。どこかで一杯飲んだ後なのか、楽しそうに会話を交わしている・・

「6月4日に吉本を契約解除になった直後は、自宅にこもりきりでしたが、近頃は毎晩のように飲み歩いているみたいです。中目黒でしょっちゅう目撃されていますよ。相手は友達の社長や後輩芸人が多いみたいですね」(入江の知人)

激太りといっても過言ではないほどの変貌ぶりも、連日の酒の影響か。途中で突然の豪雨に見舞われ、慌ててタクシーに乗り込んだのだが、ポッコリと出たお腹が邪魔して走るのも苦しそうだった。

・入江慎也さん


はたして入江は、闇営業問題についていま、何を思うのか。中目黒で発見した翌日、本誌は自宅前で入江に直撃。「フライデーです」と名乗ると、驚いた表情を浮かべたが、意外にも足を止めて記者の質問に答えた。

――暴露本を執筆しているとか。

「いえいえ、そんなことはないです」

――5000人いた友達が100人に減ったという報道も出ています。

「いやぁ……。僕はぜんぜん(報道を)見てないんで。すみません」

――8月19日に芸人たちの謹慎処分が解除されました。

「本当に僕が全部悪いので、よかったと思います!」

――復帰は早すぎるのでは、という声もありますが。

「それはないです。(自分の胸を叩きながら)僕が全部悪かったので……。復帰していただいてよかったと思います」

――吉本興業の体制についても、批判が集まりました。

「(急に小声になり)もう吉本を離れたんで……。勘弁してください。もういいですか?」

吉本のことに話題が及ぶと、急に取材を切り上げようとする入江。

――ちょっと待ってください。取材の窓口はありますか。

「僕です。僕個人でやっています」

――連絡先は?

「あっ、じゃあ名刺わたしておきますね」・・・

中目黒を歩く入江慎也さん

・吉本が、他の芸人らとは違い、
入江さんを即解雇にしたのは、
それなりの素行調査をした結果なのだと思う。

反社の人間と関わりを持って、闇営業のパイプ役をした。
それが、明るみに出たなら、会社だけでなく、相方、断ることができなかった後輩芸人らがどのような境遇にさらされるか想像くらいはついただろうに、、。

そして、ふっくら健康的になられた今の姿を拝見すると、ボランティアも演出かと感じてしまう。

大切な何かが欠落した問題のある人にしか見えない。

・吉本も入江をとかげのしっぽ切りをした印象しかない。宮迫はじめお笑い芸人はある一定期間禊とほとぼりがさめたら復帰させることを前提だったように見えるけれども、入江に対しては復帰させる事はさらさらなかったはず。
真相を話すべきという声があってもこれまで吉本で食わせてもらった恩義から吉本に楯突く真似はしないし、確信に触れるような発言は世間に対しては絶対発信しないと思う。
人当たりだけは良いのか騒動があっても人が周囲にいる。前のような派手なタレントの取次業をしなくとも何かしら上手くビジネスをしていくんだろうと思う。

・吉本を解雇になったことと、事実の経緯説明をすることは別問題、飲み歩くのは勝手だが、最低限やるべきことを世間に向けてやらないと!
腹の中は、暴露本で儲けて終わり、のつもりか?

・全部自分が悪いなら、なぜ名刺を渡す?
宮迫さん、亮さんが、復帰してから行動した方がいいと思います。
宮迫さん達を巻き込んだのは、入江さんだから….
反省してるのか?疑問ですね。

・反省してるかどうか今後何年も衆人環視される中で分かる事。サイドビジネスで稼ぐ能力はあるんだからこれからもキナ臭い生き方で頑張っていくのではないかな。芸人だけでなくこの人のおかげで大変な思いをした人間が世の中にたくさんいる事実を忘れないよ。

・入江さんと関わった芸人さんたちは、入江にやられた!とは誰も言わない。むしろ世話になったと言う。方法はまずかったのでしょうが、この人のためにという思いだけは本当なのでしょうね。

・>本誌は改めて記載されていた入江の携帯に何度も電話をかけ、メールでも質問書を送った
しつこすぎるな

・亮とかあんなにげっそりしてたのに、騒ぎの発端はずいぶん健康的だな!

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10111375.html