「天気の子」で注目の歌姫・三浦透子、過去のモロ出し艶技がクローズアップされる・・・言うほどか???

映画『天気の子』が興行収入100億円を突破。250億円を超えた前作『君の名は。』に続き、新海誠監督は2作連続の大台突破となった・・

ヒットの一翼を担ったのは、『君の名は。』に続いて新海誠監督と再びタッグを組んでサウンドトラックを手掛けたRADWIMPSの楽曲。そして、ボーカルとして起用された三浦透子の歌声だろう。

「RADWIMPS・野田洋次郎の『僕ではない誰か女性の声で歌が入ってほしい』という発案のもと、1年ほどの期間をかけて女性ボーカルを選定するオーディションを実施。三浦が起用されました」(映画ライター)

・グランドエスケープ/feat.三浦透子/RADWIMPS

 その三浦といえば、2002年、6歳の時に“2代目なっちゃん”としてサントリーの清涼飲料水『なっちゃん』のCMに出演。

その後は女優として活動し、16年にはジョージアのCM『世界は誰かの仕事でできている。』篇で演じたAD役が注目を浴びたことも。

「18年3月公開の映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』では、体を張った大胆な艶技が話題となりました。編集者で作家の末井昭氏の自伝を映画化したもので、三浦は柄本佑演じる主役の末井の愛人・笛子役を演じています」

「公開時のレビューでは、共演した前田敦子や尾野真千子以上のインパクトを残したとして絶賛コメントが飛び交っていました」

「演技の子」でもあった三浦。映画のヒットを受け、お宝映像を観ようとDVDをレンタル店に探しに行く人が増えそうだ・・

・「東京俳優市場2010春」第2話 三浦透子さんインタビュー

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10110445.html