マツコ・TOKYO MX「5時に夢中」の裏で麻薬取引問題が浮上

立花孝志党首が、「5時に夢中!」収録中のTOKYO MX前に現れ、抗議活動を行なったことが伝えられた。現場には記者や支持者ら200人ぐらいの人々が集まり、警察官も多数出動。事態の収束後、すぐ近くにある麹町警察署の関係者からはこんな話が聞かれた・・

マツコ・MX『5時に夢中』の裏で”麻薬取引問題”が浮上!?

「この騒動、ずっと続くなら別件の監視がダメになるかも…」

聞けば、少し前に周辺ではジョギングを装った麻薬取引の疑いを示す情報提供があったのだという。

「まだ情報が届いた段階にすぎないから本格捜査でもないけど、一応は注意して監視をという話だったんですよ。でもMXの抗議は“毎週月曜”続くんですよね? ちょうどその取引も月曜かもしれない って情報だったんです」

立花氏は「マツコをぶっ壊す!」と激高したMX前での抗議活動について、後に「行き過ぎた」と反省を見せたが、MXから見解が得られるまで、毎週月曜の訪問を続けるとしている 。

つまりは麻薬捜査と立花氏の抗議が同じ月曜に重なってしまい、もし取引をする者がいたとしても、わざわざ警察官やマスコミの集まった付近でやるわけがなく、「監視がダメになった」 というわけである。

・立花孝志氏

たしかに、MX前の皇居周辺はジョギングコースとして知られている。隣接するTOKYO FMも含め、ときに番組出演者や局の関係者も仕事後に走ることさえあるほどだ。TOKYO FMは皇居ランナーを応援する企画を定期的に行ない、MXもランナーのマナー向上呼び掛けるなど、ランナーがとても身近な存在となっている。ランナー同士の交流もよく見られることで、走る者同士が声をかけ合う姿は珍しくないから、たしかにヤバいモノの受け渡しをそこで偽装するというアイデアはあるかもしれない。

 今回、立花氏の騒ぎで警察の仕事はさらに増えてしまっている。一時20名ほどの警察官が出動し、そこに人員を割かれたことは、ほかの警戒が緩くなったということでもある。

 騒ぎを見てランナーを装った麻薬取引が水面下に隠れたのであれば、これも思わぬ弊害といえる。この件についてMXに出入りする下請け番組制作会社のスタッフに話を聞くと「局も周辺の治安を守りたいなら、立花さんとの話し合いを進めるべきと思いますけど、MXって全国ネット局と比べてちょっと動きが遅いんですよね」と話していた。

・皇居ランニング

・こんな話が筒抜けになること自体ありえないよ(笑)..

・トカナは取材体制、裏取り、持ち込み記事の真贋の判定は大丈夫ですか?
N国党の記事はテレビ新聞が扱わないので、テレビ局またぎ、新聞社またぎ、での記事の持ち込みがあると思いますが、
持ち込んで来る相手を信用し過ぎると失敗しますよ。
慎重にお願いします。

・トカナってさ、コメント件数が多いと記事を続けるよね。
多分、数日後にN国党の記事がまた登場すると思うよ。

・「太田光をぶっ壊す!」ってやらねえのか?

・この記事いいのかね?って思うよね。
ここまで書いたら、末端の売人はそのエリアから引くだろうから。
完全に捜査が行き詰まった状態なら、この記事は良いのだけど
捜査中、様子見、だったらホント捜査妨害
公務執行妨害の範囲に該当すると思う。

・マツコはどうでもいいからスクランブル化はよ

・人騒がせな野郎だなw
どーでもいい話だけれど
これは仮定すぎ

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10104609.html