中川翔子がイジメ告白で注目を浴びるも、大きな矛盾を指摘され呆れる声が噴出 「どこから作り話なんやろう・・」・・・結局は人気あつめのため、都合のいいことばかり言ってるカス。

中川は『読売新聞』のインタビューに答え、自殺しようとしている子どもたちへの励ましを交えながら、自身のイジメ体験を告白・・

中学3年の後半、下校しようとすると下駄箱から靴が消えていたため、これまでのイジメ被害と合わせて泣きながら先生に話したところ、先生が新品の靴を渡してくれたと明かした。

しかし後日、中川は先生から「靴代を払ってくれないか」と言われ、人間不信に陥って不登校になってしまったとのこと。結局そのまま学校に行くことはなく、卒業式にも出席しなかったと暗い過去を振り返った。

・中川翔子さん

すると、ここでネットユーザーにより、中川が過去にブログで同エピソードを語っていたことが発覚。そこには何と、

《そして卒業式 先生にありがとうございましたと言って、しみじみしてたら そうだ中川、ローファー代払えっていわれて ガ━━(;゜Д゜)━━ン!!》

《隠した犯人め… 何で私がローファー代まで払うのか、と思うとまた悔しさで泣いた》

《卒業式いい思い出ないなぁ…》

とつづられており、先生からの発言が〝卒業式に参加〟した際の出来事だったことが語られていた。

日頃から信憑性に乏しい発言を繰り返しているにもかかわらず、またも自ら矛盾をさらけ出してしまった中川。繰り返される〝怪しさ〟にネット上の反応も呆れ気味で、

《卒業式に出たか出なかったかは記憶違いのレベルやないやろ…》

《どこから作り話なんやろうな》

《これひどいなあ 今までも相当ひどかったけどこれよくないよ》

《卒業式の思い出を間違えるくらい記憶混濁してるとなると 上履き隠されいじめがそもそも自分で紛失しただけの可能性すらある》

《卒業式休んだのに出たと思い込むのも出たのに休んだと思い込むのもどっちも普通やない》

《嘘吐きだからイジメられたのか イジメられたから嘘吐きになったのか》

などの声が続出した・・

・靴を隠されたのは事実だし、嘘ツキと言うのは問題がある。

・こんなんだからいじめられるんじゃないの? 嘘つきBBA。

・うわ〜最悪だわこいつ。いい思い出だなぁだってよ!根性悪!

・虐められた事のない人がネットで批判しているように感じる。虐められた記憶は何十年経っても消えないし、夢に見る事もあれば、嫌な記憶を消して深層意識でいい記憶しようとする事もある。

・これくらいの記憶違いはあるでしょう。かなり意地悪なツッコミ入れてる人はもしかしていじめていた同級生?

・そのくらいの記憶違いはあるだろう。記者は、先生の証言くらい取れよ。話はそれからだ。

・こういう女苦手

・担任に話したら、足に合う新品の靴が出てきた?担任はどれだけ靴をストックしているのだ?

・コイツは自分が注目されたいだけ、いじめられた子供たちはコイツにとって格好のネタ。

・そして、言い訳のための発言で、さらに嘘の上塗りをする。

・記憶があやふやならその話を投稿するの、影響与える芸能人ならやめて欲しいな。この方ただでさえ嘘吐き疑惑が多々あるのに、迂闊過ぎるでしょう。

・自分は陰湿なイジメにあってましたが、いじめの種類が多すぎて、もう、思い出せない。けど虐めた奴は覚えてます。なので、覚えてるのも嫌なのであやふやになると思いますよ?

・先生に靴代金を請求されたのがショックだったというネタで、あとはその場の話の流れで適当に盛った話なんじゃない?大矛盾かどうかはマスコミ様が彼女をどうしたいか次第。

・靴代を払えと言われても無視していて、その後も事ある度に、払え、払えと言われ続け、卒業式でも言われた。ということなら矛盾しない。でも作り話って感じがするなぁ。本人じゃなく、放送作家が考えたのかも。

・そしてこうやってネットの中でもいじめる人がいるって事だな。スルー耐性の無い人が増え、大声を出す時代になってしまったな。TVの事はTVの事だろ?そのまま観てろ

・中川翔子さん

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10105735.html